しあわせの田んぼ

葡萄酒?ブドウジュース?

2022年8月1日 ブトウ苗を植えて今年で4年。ブドウは昨年少し採れて、ブドウジュース。 今年は7月下旬に収穫。5.5キロ採れました。いろいろ試した結果、自然の酵母があるブドウは、洗わずに手で潰すのが一番合理的でした。ブドウ大...
しあわせの田んぼ

8月前の田んぼの様子

2022年8月2日 稲は順調に育っています。6月、草むらに植えた苗。7月初旬に手で除草して、その後は、天気か除草のタイミング良かったのか、、、だいぶ草が出るのが抑えられています。時々、奥さんが目立った草を抜いています。 今では...
しあわせの田んぼ

太陽の味を漬ける梅干し

陽に当てると、梅干しに陽の味が加わるように思います。と、思うのは私だけかな? 毎年、私が大好きな梅干しを奥さんが作ってくれます。梅は和歌山県の南部の農家から、一番大きな梅を送ってもらいます。赤紫蘇は栽培して、、、なんと美味しい!本格...
しあわせの田んぼ

しあわせのバケツ田んぼ 7/2

2022年07月02日 6月9日に植えた滋賀羽二重餅の一本の苗、こんな感じで育っています。順調ですね。 玄関のそばに置く、ベランダに置くバケツの中でも四季が訪れます。田んぼと同じ、プロセスをバケツで観察します。 奈良市の...
しあわせの田んぼ

炎天下、田んぼの草引き

2022年7月2日 炎天下、田んぼの草引きをダラダラとやっています。後、2〜3日は掛かります。その後もダラダラ・・・やりながら・・・夏を迎えます。 向かい側の慣行農の田んぼは、草がなくすっきりとしています。薬と機械を使うと・・...
Bee Forest Club

もっと詳しく、知りたい!

このページは、NPO法人 ビーフォレスト・クラブを、もっと詳しく知りたい方のためのページです。 ■もっと詳しく、クラブの方針 ビーフォレスト・クラブの概略 激減している野生のミツバチや花バチを増やす為に、全国の森や農園に...
2022-06-21
TakerからGiverへ

Let it Bee・・・

自然の恵に満たされる自由な生活を・・・ 私たちは、自然を過剰に利用し奪うだけで何一つ返すことをしてこなかった。やり放題だから、地球上の自然資源や環境が底をつきそうになって・・・だから、気候変動や環境問題が起きるのは当然だと思います。...
2022-07-04
お知らせ

「ミツバチおじさんの森づくり」 吉川浩著

ミツバチが森を作る仕組みが分かる本を書きました。自然農法から自然養蜂へ、生態から自然を味方につける方法など、実践的な内容です。日本ミツバチと暮らすための全ての情報を網羅しています。
2022-07-04
Bee Forest Club

ミツバチの誤解が自然を壊す!?

2021年9月25日 ミツバチも森も正しく知らないと守れません! ミツバチや森を守りたい!・・・と思う前に!自分が正しいと思っていても、違うことが沢山有ります。このページにある誤解は、多くの日本人が誤解している事柄です。あなた...
2022-07-04
ハチ増やそう

スズメバチの対応:スズメバチの生態

2013年9月22日 まず、スズメバチのコトを知ろう! 今年の秋は、オオスズメバチは少ないけれど黄色スズメバチが大和ミツバチを毎日のように襲いに来ています。近所の家の屋根裏にも巣を造ったようで、おばさんが「どうにかしてくれませ...
2022-07-04
Bee Forest Club

もっと詳しく、知りたい!

このページは、NPO法人 ビーフォレスト・クラブを、もっと詳しく知りたい方のためのページです。 ■もっと詳しく、クラブの方針 ビーフォレスト・クラブの概略 激減している野生のミツバチや花バチを増やす為に、全国の森や農園に...
2022-06-21
TakerからGiverへ

Let it Bee・・・

自然の恵に満たされる自由な生活を・・・ 私たちは、自然を過剰に利用し奪うだけで何一つ返すことをしてこなかった。やり放題だから、地球上の自然資源や環境が底をつきそうになって・・・だから、気候変動や環境問題が起きるのは当然だと思います。...
2022-07-04
お知らせ

「ミツバチおじさんの森づくり」 吉川浩著

ミツバチが森を作る仕組みが分かる本を書きました。自然農法から自然養蜂へ、生態から自然を味方につける方法など、実践的な内容です。日本ミツバチと暮らすための全ての情報を網羅しています。
2022-07-04
お知らせ

世界農業遺産で『環境シンポジウム』みなべ・田辺の梅システムにて

2020年2月20日 地域で生態系を取り戻す活動が始まりました! これを機に、みなべ川では地元の日本ミツバチ養蜂家も参加してビーフォレスト活動が始まります。各地で同様の活動が始まることを期待したいですね。 ...
2022-07-04
お知らせ

2019年7月7日 第8回日本奥山学会記念講演

2019年6月8日 日本ミツバチから学ぶ森の再生 お申し込みは、日本奥山学会事務局へ
2022-07-04
お知らせ

「ミツバチ巣箱作り体験」奈良県吉野町

2019年5月16日 奈良県吉野町にビーフォレストが広がります! 2019年6月1日奈良県吉野町でビーフォレスト活動イベントを開催しました。吉野町、地域おこし隊の岩見さん、中村さんが中心の吉野ビーフォレスト・コミュニティが、コ...
2022-07-04
お知らせ

ミツバチと森をつくる生活はじめよう! in 和歌山県那智勝浦色川

2018年3月22日 「ミツバチが森をつくるって本当?」セミナー&巣箱作り ミツバチと森をつくる生活はじめよう!熊野の奥山。和歌山県那智勝浦町色川地区でも、南方熊楠さん、後藤伸さん等の先達の意志を引き継ぎ、大和ミツバチ...
2022-07-04
お知らせ

★推薦書→「明日なき森」カメムシ先生が熊野で語る

2018年1月23日 昆虫を愛し、自然を愛し、これからの道を示した後藤伸さん 先日、ビーフォレスト・クラブの仲間(熊野の田畑氏)から是非!と勧められて読みました。「ミツバチと森をつくる」ビーフォレスト活動をしていて、出合うべく...
2022-07-04
お知らせ

「大和ミツバチの不思議な生態展」9月10日〜

2017年9月4日 ミツバチの誤解を解くために! 観察会や巣箱作りワークショップなどのイベント、おもしろ巣箱の展示もあります。どなたでも参加出来ます! 会期:平成29年9月10日(日)~9月24日(日)会場:奈良県立民俗...
2022-07-04
お知らせ

2017年度版「ミツバチと森をつくる」bee forest club案内パンフレット

2017年7月31日 「ミツバチと森をつくる」bee forest club案内の新たなパンフレットが出来ました。2017.8.1子や孫、未来の日本のために活動するビーフォレスト・クラブへの参加、ご支援よろしくお願いします! ...
2022-07-04
しあわせの田んぼ

葡萄酒?ブドウジュース?

2022年8月1日 ブトウ苗を植えて今年で4年。ブドウは昨年少し採れて、ブドウジュース。 今年は7月下旬に収穫。5.5キロ採れました。いろいろ試した結果、自然の酵母があるブドウは、洗わずに手で潰すのが一番合理的でした。ブドウ大...
しあわせの田んぼ

8月前の田んぼの様子

2022年8月2日 稲は順調に育っています。6月、草むらに植えた苗。7月初旬に手で除草して、その後は、天気か除草のタイミング良かったのか、、、だいぶ草が出るのが抑えられています。時々、奥さんが目立った草を抜いています。 今では...
しあわせの田んぼ

太陽の味を漬ける梅干し

陽に当てると、梅干しに陽の味が加わるように思います。と、思うのは私だけかな? 毎年、私が大好きな梅干しを奥さんが作ってくれます。梅は和歌山県の南部の農家から、一番大きな梅を送ってもらいます。赤紫蘇は栽培して、、、なんと美味しい!本格...
Bee Forest Club

もっと詳しく、知りたい!

このページは、NPO法人 ビーフォレスト・クラブを、もっと詳しく知りたい方のためのページです。 ■もっと詳しく、クラブの方針 ビーフォレスト・クラブの概略 激減している野生のミツバチや花バチを増やす為に、全国の森や農園に...
2022-06-21
TakerからGiverへ

Let it Bee・・・

自然の恵に満たされる自由な生活を・・・ 私たちは、自然を過剰に利用し奪うだけで何一つ返すことをしてこなかった。やり放題だから、地球上の自然資源や環境が底をつきそうになって・・・だから、気候変動や環境問題が起きるのは当然だと思います。...
2022-07-04
お知らせ

「ミツバチおじさんの森づくり」 吉川浩著

ミツバチが森を作る仕組みが分かる本を書きました。自然農法から自然養蜂へ、生態から自然を味方につける方法など、実践的な内容です。日本ミツバチと暮らすための全ての情報を網羅しています。
2022-07-04
自然を味方に生きる

すばらしい巨樹たち

「巨木」と呼ぶには環境省の基準があって、地上から1.3mの高さの幹周りが 、3m以上の樹を「巨木」と呼ぶことにしています。 そして、「巨樹」とは、「巨木」とは呼べないが、その樹種においては太い樹を 指します。 例えば、幹周りが1.5mの「椿」は、なかなか見ることが出来ませんね、このよう な場合「椿の巨樹」と呼んだりします。 「巨樹」「巨木」の呼び方をこのように使い分けています。
2022-07-04
イメージ・メモ

日本は、世界一自然なロケーションに恵まれた国だと思います!

2020年5月15日 日の出ずる国 アジア大陸の東の端にあって、、、豊かな海、山、川の生態系の上で、日本の歴史や文化が築かれてきました。現在の経済社会は、この自然環境を壊しながらなし得てきたことです。しかし、人々の思考やイメー...
2022-07-04
イメージ・メモ

自然の力を味方につけよう!  奈良教育大附属中学校生

2019年12月4日 孫のような生徒達と一緒でした!〜可愛いですね。笑。孫達にも伝えたかったビーフォレスト活動 奈良教育大附属中学校1、2年生 約40名 特別授業2019.11.6 10月28日 ミツバチと森をつくる話 ...
2022-07-04
TakerからGiverへ

すべての昆虫が死んでいく!「自然壊滅作戦」進行中!

2019年8月12日 官学民こぞって空から高濃度の農薬を散布する「自然壊滅作戦」進行中! ドローンで農薬散布は、狂気の沙汰!!やめてェ〜!これはイカンでしょ! !昆虫どころか、人間までも死んでいく! ーーードローン...
2022-07-04
Bee Forest Club

もっと詳しく、知りたい!

このページは、NPO法人 ビーフォレスト・クラブを、もっと詳しく知りたい方のためのページです。 ■もっと詳しく、クラブの方針 ビーフォレスト・クラブの概略 激減している野生のミツバチや花バチを増やす為に、全国の森や農園に...
2022-06-21
TakerからGiverへ

Let it Bee・・・

自然の恵に満たされる自由な生活を・・・ 私たちは、自然を過剰に利用し奪うだけで何一つ返すことをしてこなかった。やり放題だから、地球上の自然資源や環境が底をつきそうになって・・・だから、気候変動や環境問題が起きるのは当然だと思います。...
2022-07-04
お知らせ

「ミツバチおじさんの森づくり」 吉川浩著

ミツバチが森を作る仕組みが分かる本を書きました。自然農法から自然養蜂へ、生態から自然を味方につける方法など、実践的な内容です。日本ミツバチと暮らすための全ての情報を網羅しています。
2022-07-04
Bee Forest Club

ミツバチの誤解が自然を壊す!?

2021年9月25日 ミツバチも森も正しく知らないと守れません! ミツバチや森を守りたい!・・・と思う前に!自分が正しいと思っていても、違うことが沢山有ります。このページにある誤解は、多くの日本人が誤解している事柄です。あなた...
2022-07-04
ハチ増やそう

スズメバチの対応:スズメバチの生態

2013年9月22日 まず、スズメバチのコトを知ろう! 今年の秋は、オオスズメバチは少ないけれど黄色スズメバチが大和ミツバチを毎日のように襲いに来ています。近所の家の屋根裏にも巣を造ったようで、おばさんが「どうにかしてくれませ...
2022-07-04
ハチ増やそう

西洋ミツバチの大量死について

2013年9月12日 西洋ミツバチの謎の大量死の原因と対応 蜂群崩壊症候群(CCD)と呼ばれた、大量のミツバチが失踪する現象です。2006年頃からアメリカを中心にヨーロッパ、日本と世界中で問題になっています。これを謎の大量死と...
2022-07-04
ハチ増やそう

金綾辺(きんりょうへん)にハチの群:レスキュー

2012年5月24日 見逃してしまった駆除のメール! 5月19日に、奈良県の北葛城郡の方から、ミツバチ駆除のメールをいただきました。メールを見るタイミングが遅れて、一日経って・・・。「金綾辺に群がっていた、ミツバチがどこかへ行...
2022-07-04
お知らせ

世界農業遺産で『環境シンポジウム』みなべ・田辺の梅システムにて

2020年2月20日 地域で生態系を取り戻す活動が始まりました! これを機に、みなべ川では地元の日本ミツバチ養蜂家も参加してビーフォレスト活動が始まります。各地で同様の活動が始まることを期待したいですね。 ...
2022-07-04
ハチの誤解・矛盾

ミツバチを守ろう・・・その前に!?

2020年1月8日 残念なことに、日本人のほとんどの方は、「ミツバチはみんな同じ」と思っています。マスコミや、映画を作ったりミツバチを守ろうと叫んでいる人でさえ誤解しています。 ミツバチと誤解だらけの養蜂!? 日本には現...
2022-07-04
イメージ・メモ

自然の力を味方につけよう!  奈良教育大附属中学校生

2019年12月4日 孫のような生徒達と一緒でした!〜可愛いですね。笑。孫達にも伝えたかったビーフォレスト活動 奈良教育大附属中学校1、2年生 約40名 特別授業2019.11.6 10月28日 ミツバチと森をつくる話 ...
2022-07-04